都市伝説・不可思議情報ファイル

    2015年05月

    897 本当にあった怖い名無し sage2011/08/17(水) 00:01:31.19 ID:D8DkF5hv0「山の話」かと問われると厳密には異なるかもしれませんが、閑話に小話をひとつ。 

    私は会社の地方事業所に転勤することになり、住み慣れた故郷を離れ、 
    自然の多く残る里山の近くに移り住むことになった。 
    会社や社寮のある地域は森が道路の真横に生い茂り、 
    夜になるとタヌキ、キツネ、イタチ、シカと様々な野生動物と遭遇する。偶にクマやイノシシなど危険な動物が山から降りてくることもあるらしいが、 
    その地域では、それらの猛獣以上にシカに気をつけるように言われた。 
    なぜなら、道路に飛び出たシカを跳ねてしまうと一発で車がお釈迦になるからだ。 
    特に雄のシカは体が大きく、ぶつかると車体がグシャグシャになってしまうとか。 
    転勤から数ヵ月後、残業を済ませ夜に会社から寮へ帰り道を運転していた時、 
    すぐ横に大きな山林が広がる道路にまで差し掛かった。 
    その山林横の道路は元々人の通る道でもなく、街灯も設置されておらず、 
    夜は真っ暗になるので、徒歩で移動するのはご遠慮願いたいような場所だった。



     

    902 本当にあった怖い名無し sage2011/08/17(水) 00:09:45.08 ID:D8DkF5hv0その道はよく動物が飛び出す場所でもあり、 
    会社への行き帰りにひき殺された死骸を見ることが多々あった。 
    イノシシとぶつかり、新車を駄目にした知人もいたので、 
    その日の夜も念のためスピードを落として通過しようとしていた。 
    すると、道路横の茂みから車の前にポーンと茶色い何かが飛び出してきた。 
    飛び出してきたものとは距離も離れていたので 
    軽くブレーキを踏んで目の前を通り過ぎたものを確認すると、 
    それは大きな雄シカだった。 
    雄シカはピョンピョン跳ねながら、向かいの林へと駆けて行った。 
    車にもぶつかることもなく、前もって注意していたのが功を奏したと一安心。 
    するとその時、 
    さらにもう一体、シカが飛び出した場所から灰色の何かが飛び出してきた。 
    今度飛び出たものは車の目の前ギリギリを駆け抜け、 
    車にぶつかるかどうかというところをすり抜けていった。 
    一体何とぶつかりそうになったのかとバックミラーで後方を確認すると、 
    そこには灰色の動物が直立していた。 

    905 本当にあった怖い名無し sage2011/08/17(水) 00:17:36.13 ID:D8DkF5hv0シカやイノシシのフォルムではない。クマにしては細すぎる。 
    何よりあんなに背筋を伸ばして立つ動物なんて知らない。 
    だからといって人間とも思えない。 
    一般人はこんな道にやって来ないし、猟師にしたって手ぶらなのはおかしい。 
    そいつは道路の真ん中に佇んでいたかたと思うと、スッと首を回してこちらを見てきた。 
    その時にはそいつと車は大分離れた距離にあったが、 
    それでも車をじっと見ている姿がミラー越しにはっきりと見えた。 
    得体の知れないものに見つめられたことで言い知れぬ恐怖を覚え、 
    私は車を飛ばして寮へ逃げ帰った。 
    妙な生き物が私を追いかけて来るようなことはなかったが、 
    山林横の道路と寮はそこまで離れておらず、 
    私を見つめていたあの生き物が寮まで追ってくるのではないかと不安な一夜を過ごした。 

    あの夜以降、幸いにも私は灰色の何かと遭遇してはいない。 
    しかし、アレに合ってから、1つ気になっていることがある。 
    野生動物が絶えずひき殺されている山林横の道路、 
    あそこは“何か”に追われた動物が飛び出し、車に引かれているのではないか、と。 



    563 :本当にあった怖い名無し :2005/05/07(土) 01:01:00 ID:3UJWi23i0以前、一人暮らしをしていたころに見た夢。 
    実家で飼っていて病死した犬が俺の部屋にひょっこり現れた。 
    なぜかは分からないけど、水を欲しがっているのが分かったので、 
    水を飲ませた。 
    犬は喜んでたっぷり飲んだ後、またどこかに行ってしまった。 

    目が覚めたら朝だった。 
    これまたなぜか、実家に電話しなければと思い、親に夢の話をした。 
    それを聞いた親が言った。 
    犬はとある共同の供養塔に入れてたのだが、数日前に慰霊祭があった。 
    親はお供えに水を用意していったのだが、祭壇前がとても人大杉だったので、 
    水をそのまま持って帰ってきてしまったそうだ。 
    「あの水を飲みたかったんだね。。」と最後に親がしみじみと言っていた。 
    それ以来、死=別れでもないんだなー、て思うようになったよ。


    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った

    236 227 sage 05/03/04 19:43:09ID:QUOqvpm3Oすみません。本当、どうもありがとうございます。 
    ではお言葉に甘えて、Kさん&動物絡みでもう一つ。 
    これも長文ですのでお嫌な方ははスルーをお願い致しますm(__)m 

    Kさんの知り合いにTさんと言う人がいます。 
    このTさん、獣医さんなんですがかなりのお人好し。 
    朝だろうが夜中だろうがいつでも患者さんを受け入れ、治療費を払わず逃げた飼い主の 
    ペットを引き取ったり、家の前に捨てられた動物の面倒を見たりといい人状態。 
    ある日の夜、いつも診察に行っている牧場から、馬が難産だと連絡を受けたTさんは 
    車を飛ばして牧場へ向かったそうです。 
    しかし日頃の疲れが出たのか、ついうとうとしたTさんは事故って路外に転落してしまったのです。 
    その頃、家で爆睡していたKさんにはとんでもない事が起きてました。 
    顔面にすごい勢いで座布団みたいな物が激突したかと思うと、猿に髪をひっぱられ 
    犬に吠えられ、猫に引っ掛かれ、よく判らない生き物に体当たりされたり。 
    驚いたKさんは飛び起きました。それと同時に 
    動物絡み=Tさんに異変 
    と判断が着いたKさんは車に乗ってTさんの家に向かいました。 
    続きます。 

    237 227 sage 05/03/04 19:48:12ID:QUOqvpm3O案の定、牧場にも着いておらず家にも帰ってない事を奥さんから聞いたKさんは 
    Tさんの飼い犬を借りて、車でTさん探しに向かいました。 
    Kさんはワンコに向かって「Tが居たら教えてね」と言ったそうです。 
    そしてワンコはある場所で激しく吠えだしました。 
    見るとガードレールが割れたその先にTさんのRV車が地面に突き刺さっていました。 
    Tさんに意識はありましたが、車がぐちゃぐちゃで出られない様です。 
    Kさんは車を飛び出し、バールと斧で車のドアを壊してTさんを助けだしました。 
    何でKさんが助けに来たのか判らないTさんが「どうしてこんな所に?」と聞くと 
    「あんたの所の動物が知らせに来た。顔面にイイ一発を食らったわ!」 
    とKさんに怒鳴られたとか。 
    Tさんは奇跡的にも掠り傷で済み、幸いに子馬も無事に誕生。 
    Tさんは「助けているつもりが助けられたなぁ」としみじみ言ったそうです。 
    動物達にかけた愛情はちゃんと伝わるんだと、Tさんは決意も新たに頑張ってるとか。 

    238 227 sage 05/03/04 20:03:59ID:QUOqvpm3Oこれもいい話と言うより、微妙な話ですね。 
    スレタイ通りじゃなくて申し訳ない。 
    ちなみにKさんの顔面にぶつかった座布団みたいな動物の正体は今だに判ってません。 
    どうもムササビじゃないかとゆー話ですが不明です。 
    ちなみに、Tさんを助け出したお礼にKさんがもらったのは奥さん手製の 
    鍋いっぱいの手作りジャムだったそうですw 
    スレ汚し、大変失礼しました。


    大切なペットのためにドイツ産から生まれた【菊芋の奇跡】

    372 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 19:06:57.57ID:CT31rTQn0とある不思議体験をしていろいろ調べたら 
    時空のおっさんにたどり着いたんだが 
    体験談書いてもいいですか?

    373 本当にあった怖い名無しsage 2013/01/29(火) 19:35:34.60ID:4k+4lOXzPどーぞどーぞ 

    374 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:09:01.21ID:CT31rTQn0ありあと 

    この前の日曜の夕方、そろそろ日も暮れるころに車で山の方の県道走ってたんだけど 
    田舎だからそんなに交通量ないんだけど、その日はおかしかったんだ 
    いつも以上に車なくて、むしろ自分以外誰もとおってなくて 
    気が付いたら、行ったことない道を走ってた 

    山道のはずなのに、やたら高いビルがたくさん並んでて、でも誰もいる雰囲気ないし・・・ 
    人いないくせに信号?みたいな赤いランプが点いたから、自然と停車した 

    375 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:14:27.59ID:CT31rTQn0そしたら茶色?っぽい、たぶん作業着なんだろうけど、つなぎ着たおじさんがビルから出てきたんだよね 
    「人いたー」って思ってたら、まっすぐ自分の車に近付いてきて、普通にドア開けてくるわけ 
    ちょっとびびってたら、さっきの赤い信号みたいなランプの向こう側指さして 
    「ここから先はもうだめだ」とか、たぶん行ったらいけないというようなことを言われた 
    自分は、ああ通行止めかとか思ったりもしたような気がする 
    とりあえずUターンしようとしたら、今度はすごい剣幕で「そっちはダメだと言ったろ!」みたいに怒鳴られた・・・意味わからなかったけど・・・ 

    376 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:24:28.26ID:CT31rTQn0で帰り道がわからんと言ったら、今度は普通に後部座席に乗ってきて 
    座席の真ん中に座ったかと思ったら身を乗り出しながら案内してくれたんだ 
    で、これ絶対ぐるぐる回ってるだけだろと思うような右折左折の繰り返しで、でも気が付いたら向こうの方に見慣れた県道らしき景色が見えた 
    そしたら強制的に車停められて、そのおじさんは車を降りてまたそこらのビルに入ってった 

    そこでなんか車に関する会話をしたような気がしたんだけど、思い出せないんだ 

    377 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:27:44.94ID:CT31rTQn0とりあえずまっすぐ見えてる景色の方に進んで県道に戻ってきた 
    バックミラー見てもさっきまでのビルはないし、他の車も普通に通ってて、なんとなくうるささを感じた 
    そういえば、さっきまでいたビルの街の中は、なんにも音がしなかったなーってその時気づいた 
    でもその無音が妙に心地よかった気もするし、本当に無音だったか?って思う気もするんだよね 
    ステレオからなんか流れてたような気もするけど、自分の車いつも音楽爆音だし、戻ってきた時ももちろんいつものように爆音だったし 

    あと、あんなに長距離走ったのし、ガソリンまったく減ってなかったんだよねw 
    燃費良すぎって思わず突っ込んだくらいw 

    378 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:33:03.63ID:CT31rTQn0とりあえず以上が覚えてること 
    曖昧な部分もあるけど、夢だとは思えないくらいリアルでさ 
    実際、おっさんが後部座席に乗る時に動かしたぬいぐるみ(でかいクマが乗ってるw)をどかしたんだけど、 
    そのクマ、確かにおじさんが動かした場所にいるんだよ 
    ちょっとホラーだ・・・ 

    ここの時空のおっさんと似てるから書いてみたけど、どう思う? 

    379 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:37:28.20ID:CT31rTQn0あ、あと、最初も日が暮れるころの時間だったけど 
    戻ってきた時も同じ時間帯だったんだよ 
    友達と会う約束の時間にちゃんと間に合ったし、予定通りだったからさ 
    でもあのビルの街にいた時間って、もっとかなり長い時間いたような気がすんだ 

    380 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:38:26.25ID:LmPYqWHxOおっさんの人相とか服装とかもっとを詳しくお願いします? 

    後、空の色とか景色に変調とかありました? 

    381 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 21:48:23.15ID:CT31rTQn0服装は茶色とかカーキとかそんな感じのくらい色だった気がする 
    作業着と言われれば確かにそんな感じなんだろうけど、はっきり作業着だったとは言えない 
    とりあえず上下つながった、つなぎみたいな感覚 
    胸ポケットになんか模様があって、よく企業名とかロゴとか入ってるだろ?そんなやつだと思ったけど、そういえば共通のシンボルがあるんだって? 

    空は灰色で、というか自分たちと信号の赤いランプ部分以外はみんな灰色に見えたな・・・ 

    382 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 22:13:14.04ID:LmPYqWHxO質問ばっかですみませんが、変な状況に入り込む前の段階で例えば体調の変化など普段と違うこととかありました?

    おじさんの顔って特徴的でした?それともあまり特徴のない顔でしたか? 

    383 本当にあった怖い名無しsage 2013/01/29(火) 22:21:04.53ID:jNk3F+l20おっさんカモン 

    384 本当にあった怖い名無しsage 2013/01/29(火) 22:29:47.81ID:ulW0H4IK0>>381 
    共通のシンボルは真ん中にニコニコ顔のある風車か太陽のように見える 
    シンボルだが、覚えてますか? 

    385 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 22:30:00.91ID:CT31rTQn0体調の変化などは特にありませんでしたが、景色はぱっと切り替わったような感覚はありました 
    高速のトンネルを抜けた時のような・・・ 
    あ、でもそれは戻ってきたときですね 
    最初は本当に「気が付けば」という感じで、違和感を感じなかったんです 

    顔は唇が薄い・・・?のかな? 
    後部座席から身を乗り出してきたとき、助手席の背もたれの肩のとこに手を置いてたんだけど、ごっつい手してたw
    自分女だからどの程度がごついのか基準がわかんないかもですが、なかなか大きな手だった 
    顔は、すまん、後姿は鮮明に覚えてるが・・・ 

    386 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 22:40:13.66ID:CT31rTQn0384 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/29(火) 22:29:47.81 ID:ulW0H4IK0>>381 
    共通のシンボルは真ん中にニコニコ顔のある風車か太陽のように見える 
    シンボルだが、覚えてますか?>>384 

    風車! 
    確かにそうかもしれん! 
    うちの父親が○菱のマーク入ったつなぎ着て仕事してるから、イメージだけで三○系だと勝手に思ったけど 
    風車だったのかもしれない 

    ちょ、もっとちゃんと時空のおっさんログってくる 

    387 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 22:44:20.77ID:CT31rTQn0>>384 

    画像探してみてきたけど、こんなに羽はなかった気がする・・・ 
    違うのかな 
    ちょっとwktkしてしまったんだがorz 

    388 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 22:56:14.11ID:LmPYqWHxOホント不思議な体験ですね 
    >>387さんは不思議体験とか心霊体験とか他にも結構出会ったりしてますか? 

    389 本当にあった怖い名無し2013/01/29(火) 23:05:03.66ID:CT31rTQn0>>388 

    釣りとか思われるかもしれませんが 
    霊体験、不思議体験は多いです、正直 
    でも今回のはなんか違ってて、いつもは霊体験とかしても「ああまたか」とか思うくらいですけど 
    今回は胸にずっしりくるというか・・・早く誰かに言わなきゃという衝動があります 
    その根拠はないんですけど、正直焦ってます 


    空間の謎・時間の謎 宇宙の始まりに迫る物理学と哲学-【電子書籍】

    309 本当にあった怖い名無し 2012/12/29(土) 12:45:23.28ID:z7U04o+A0242 本当にあった怖い名無し sage 2012/12/27(木) 20:18:03.48 ID:1Dn9q1e70
    時空のおっさんらしき人物に出会った話。 

    行こうと思っていた場所に向かう過程で 
    赤信号などで必ず足止めくらうじゃない? 

    で、結果 時間に間に合わなかったりあと一分早く来ていれば 
    とかそういう現象。 それを覆しちゃった感じの体験。 

    自分 赤男でね。例えば目的地にいく過程において 
    10の信号機があったとする。 
    すると10中9は赤で足止めを食らうと言う 
    不運な体質なんだがその日も赤男の本領発揮で 
    捕まる捕まる。嫌気がさして普段はつかわない道の方へ 
    進路変更して進んだんだ。

    310 本当にあった怖い名無し 2012/12/29(土) 12:45:40.33ID:z7U04o+A0243 本当にあった怖い名無し sage 2012/12/27(木) 20:28:28.12 ID:1Dn9q1e70
    そしたら運よく信号機があまりない道でさくさく進めて目的地に 
    早くついたんだがそうしたら 
    「おい、お前 何をしている なんでここにいる」と声をかけられた。 

    後ろを振り向くと45歳ぐらいのおっさんがたっていて
    「お前、今の時間 ここにいないはずだぞ どうやってここにきた。」 
    「進路変更をした?お前の性格じゃそんなことしないはずなのに 
    どうして今日に限って!」 
    「お前は本来、あと5分したらここについてた あーどうすんだよ もう 
    時間ずれたぞ・・・変わっちまったぞ また調整しないと・・・。 
    本当ならスッちまうはずだったのに・・・・」とかいろいろつぶやいて 

    311 本当にあった怖い名無し 2012/12/29(土) 12:45:58.25ID:z7U04o+A0244 本当にあった怖い名無し sage 2012/12/27(木) 20:31:29.79 ID:1Dn9q1e70
    男は立ち去ってしまった。 ポカーンとしたが10時になったんで開店。 

    今日は新台初日。 連荘して2万 儲けた。 
    おっさんの言う事が正しければ運命通りに店にきてたら 
    俺は軍資金 全額 無くなっていたのか・・・。 

    本来、事故を起こすはずだった所で事故を起こさなかった 
    死ぬはずだった所で死ななかった。 
    何かしらの方法で回避しちまった時に 
    現れて怒りに来るんだってさ。調整がめんどくさいらしくて。 

    あれ以来現れてないから恐らく今の人生 回避できてないんだろう。 
    こうしようと思った時 色々なルート考えて行動するんだけどな。 
    終わり。 

     05/03/08 19:14:30ID:m/wVjBw10492 :本当にあった怖い名無し :05/02/23 08:50:51 ID:Q9B51F8Y0
    私も一つ不思議な体験談を。 

    まだ私が中学二年生だったころ、風邪をひいて、寝込んだことがありました。 
    凄く熱を出して、唸りながら寝たことを良く覚えています。 

    ふと目を覚ますと、さっきまでの風邪は嘘のようにひき、頗る元気になったのです。 
    ベットから立ち上がろうした時 
    ビュンっと音が出るくるぐらい早く動けてビックリしました。 
    試しに歩いてみたりジャンプしてみたりしましたが 
    やはりとんでもない速さで動けたのです。 

    不意に「元気になったし明日の英語の予習でもしてみるか」と思い 
    机に向かい 
    教科書を開き・辞書で単語を調べ・ノートに意味を書いていきました。 
    ビックリするぐらい、本当にあっと言う間に出来ました。 
    時間にして強調無しで2秒ぐらいで。 
    もちろん考えたりした感じはあるのですが 
    なんて言うか、濃縮した感じでパパパっと出来たのです。 

    「今何時かな?」と思い、机の上の時計を見ると 
    時計の針が、とんでもない速度で回っていました。 
    秒針がジワーって回る時計ってあるでしょ? 
    そんな感じで分針がジワーってだいぶ早く回っていました。 
    壁掛けの大きい時計も秒針がギュンギュン回って・分針ジワー・時針がまあまあジワーって回ってました。 
    見た瞬間、恐怖よりも「うわ、気持ちわる」って思い 
    布団の中に、ビュンっと飛び入りました。 

    これって私が早く動けたのではなく、時が早く動いてたのでしょうか?(´・ω・`) 
    もう大学生になりましたが、風邪を拗らせた時は 
    「あぁアノ感覚もう一度にならないかな?」って妙に期待してしまいます。


     

    656 本当にあった怖い名無し 2013/08/19(月) 14:27:45.95 ID:gEOy+IM40去年の話になるが、激務が続いてほぼ徹夜に近い仕事が3日ほど続いて、 
    夜に中央道で仕事先の岐阜から埼玉まで帰る道中のこと。 
    小仏トンネルで事故通行止めで相模湖ICで降ろされるわけだったが、 
    20号の渋滞を嫌ったのと、若い頃走り屋してたので妙に夜の峠を走りたくなって
    上野原で降りて、陣間街道の和田峠を目指すことにした。 
    夜な夜な峠の頂きあたりで缶コーヒーでも飲んで、峠かっ飛ばして 
    八王子西から圏央道に乗ろうという目論見だった。 
    が、道中、徹夜の蓄積かどうにも眠気を抑えられず、神社付近で車を停めて仮眠を 
    とることにした。23時頃であっただろうか・・・。5月半ばで車で寝るにはちょうど良い 
    気候であるにもかかわらず、寒くてすぐに目が覚めた。俺的には数十分寝た感覚だったが 
    車の時計を見ると既に1:30。ヤバい、次の日もやることがたくさんあるので急いで、 
    峠を抜けることに。結構なスピードで峠を昇るが、一向に上りきる気配もなく、
    ジュースの自販機もちょっとした駐車場もなく不安になりながらも走り続けた。
    走っても走っても同じ峠を繰り返しているような気がして、いったん停めて閉じてた 
    カーナビを開いてみた。すると、何故か仮眠していた神社の前あたりを指している。 
    GPS異常だろう(たまに起こる)と思って、ナビを見ながらさらに車を進めた。
    が、しかし、一向にナビが反応しない・・・。完全に壊れたと判断し、ナビをあてにすることをやめた。 

    657 本当にあった怖い名無し 2013/08/19(月) 14:28:58.24 ID:gEOy+IM40更に走り続けるとようやく景色が変わってきて、トンネルに差し掛かった。 
    トンネルに入ると、今まで対向車と全然すれ違っていなかったのに(←ここで気づいた)、 
    数十台の車やトラックとすれ違う。何故かすれ違う車が全てレトロカーばかり・・・。 
    トンネルを抜けるとやっと駐車できるちょっとしたパーキングスペースを見つけて停めた。 
    車を降りるとうっすら空が明るくなったのが分かったが、同時に濃霧が立ち込めた。 
    自販機がようやく見つかり、待望の缶コーヒーを買った。コーヒーを飲んでいると、 
    もう一台車が入って来たのが分かった。マフラーの音が何故か、大太鼓を一定のリズムで 
    刻むような音がしていた。すると中から若い男女が下りてきて何かはしゃいでる。 
    こちらには気づいてないようだ。何を騒いでるか分からないが、最後に男女揃っておめでとう! 
    と叫んでいるのが分かった。結婚したばかりなのだろう、若くていいことだと思いつつ、 
    若者の車の方に目を向けると、もうその車はない。その現象に不思議と怖さはなかったものの、 
    煙草を吸って自分の車に戻り、小休憩をとった。そこでまた私は寝てしまったようだ・・・。 
    気が付いて目が覚めると、濃霧も晴れて空はきれいな五月晴れですがすがしい朝。 
    しかし、そこはまだ前の日に止めてたはずの神社前。なんだ、夢だったかと峠を進み八王子西ICを目指した。 
    が、車のホルダーに目をやってびっくり!夢の中であるはずの缶コーヒーの空缶が刺さってる!!! 

    658 本当にあった怖い名無し 2013/08/19(月) 14:29:47.67 ID:gEOy+IM40そんな不思議な体験の2週間後、7年間不妊で悩んでた我が家に待望のご懐妊ニュース! 
    今年の1月に元気な男の子が生まれたのです!神社の神様の知らせなのか、分からないが 
    本当に神様ってのがいるんだなと確信した! 

    699 小3 2012/08/29(水) 00:52:00.98 ID:Q1hvhXG80小学三年生の時の不思議な話。 

    私と友人はオカルトにのめりこんでた。 
    ある日友人がどこからか仕入れたネタなのか「異次元に行く方法があるの」と言い出した。 
    私「それって大丈夫なの?ちゃんと戻ってこれるの?」 
    友人「うん。やり方も簡単だけど2人じゃ出来ないの」 
    と言うので、数人を誘ってやってみることに。 

    701 小3 2 2012/08/29(水) 00:57:10.77 ID:Q1hvhXG80友人「私がこの石に祈って呪文を唱えるから、いいって言うまでみんな目を開けないでね」 
    私と友人ほか3名の5人で手を繋いで輪になる。 
    友人「じゃあ目を閉じててね」 
    友人がごにょごにょとすごく小さな声で何かを呟いいて、「いいよ」と言った。 目を開ける。 

    702 小3 3 2012/08/29(水) 00:58:39.18 ID:Q1hvhXG80友人の家は公園に面していて、その儀式(?)を行ったのも、公園に小学生が集まる放課後。 
    広がっていたのはも普通に変わらない公園の姿。 
    私「何か変わったの?」 
    友人「うん。ここがそう。異次元なの」 
    そしてすたすたと公園に入っていく友人とその他友人たち。 

    私もあちこち見渡す。 


    703 小3 4 2012/08/29(水) 00:59:29.25 ID:Q1hvhXG80公園。滑り台、ブランコ、タイヤ、グランド、遊ぶ子供たち。 
    変哲は無い。 
    これは嘘だったのかなー乗せられたかなーと子供ながら半信半疑。 
    グランドも回って見て、グランドの小さな山の片隅に一輪のたんぽぽが咲いていた。 
    当時は真夏が少し過ぎたくらいでたんぽぽの咲く季節じゃなかった。 
    何かそれだけがとても綺麗に見えていた。 


    704 小3 5 2012/08/29(水) 01:02:02.09 ID:Q1hvhXG80友人「そろそろ帰ろう。長く居ちゃいけないの」 
    と言ったので、儀式を始めた所に戻り円陣で手を繋ぐ。 
    友人「みんなでいっせーので帰りたいって言うの。目を閉じて。 
    いっせーの!・・・はい、目開けていいよ」 
    目を開けてもやっぱり変わらない公園。 
    私「ねぇ、ちゃんと帰ってこれたの?」 


    705 小3 6 2012/08/29(水) 01:04:04.36 ID:Q1hvhXG80友人「うん。ほら見て。あの子もあの子も知ってる子でしょ?」 
    公園で遊んでる子供を指して友人は言う。 
    そこで気が付く。さっきの公園では誰も見知った顔が居なかった事。 
    子供ながら嘘でしょ?!と思って違うところを探す。見当たらない。 
    最後に山に登る。 
    たんぽぽなんて、咲いてなかった。 
    ぞっとした。という感覚を初めて覚えたのがこの瞬間でした。 

    706 小3 2012/08/29(水) 01:07:18.95 ID:Q1hvhXG80友人にもたんぽぽの話はしてなかったので私が気づかないうちに引っこ抜いたりとかは出来ないです。 
    いまたにたんぽぽの謎は解けません。 
    人生で初めてぞっとする。って感覚を覚えた出来事でした。 

    修行足りなくてぶつ切りな長文スイマセンでした 


    707 本当にあった怖い名無しsage 2012/08/29(水) 01:37:42.15ID:2hP55Dql0>>706 
    その友人とはその後付き合いなくなったの?面白そうな体験してるなぁ 

    708 本当にあった怖い名無しsage 2012/08/29(水) 01:43:31.39ID:jv/lLf0F0>>706 
    友人すげぇえええええ 

    709 小3 2012/08/29(水) 03:19:24.47 ID:Q1hvhXG80>>707 708 
    めちゃくちゃな文にレスありがとう 
    中学あたりで友人の家庭が複雑になって付き合いが無くなってしまった 
    霊感あるーなんて言ってたので周囲からは嘘付き○○って呼ばれてた 

    今思えば家庭環境から現実逃避に走った子供心って理解してますが、体験した以上信じるしかない 



    842 1/3 sage 2011/07/26(火) 23:47:14.31ID:7yzyDKTt0小4の頃の話 ※長いです 

    ある日、私の家で隣人Y(小5女子)と2人きりで遊んでいた。 
    まったり遊んでたらいきなり、勝手口を結構強めに 
    ダンダンダンダンダンッ!ってノックされた。 
    Yと私は、ちょっとビビりつつドアを開けてみた。 

    そこには、小学4年生位の全く見知らぬ女の子が立っていた。 
    (ん?誰?)と思っていると、その女の子は開口一番 
    「ここ、私の家なんだけど」と言った。 
    Yと私が「???」ってなって、固まって黙ってたら 
    女の子は更に「ここ、私の家なんだけど」…解せぬ… 

    その女の子の身なりは、綺麗でオシャレだった。 
    上品な小花柄のワンピースに、麦わら帽子を被り、赤い小さな水筒を持っていた。 
    ロングヘアを三つ編みにしていて、顔立ちも人形の様に可憐だった。 
    だけど、本当に人形みたいに無表情で、口だけが動いてるって感じだった。 

    私は「ここにはずっと私達家族が住んでるよ?何かの間違いじゃない?」と言った。 
    Yも同じ様な事を言って、誤解を解こうとフォローしてくれた。 
    だがしかし、女の子はまたしても「けど、ここは私の家なの」…意味が分からん。 

    843 2/3 sage 2011/07/26(火) 23:47:54.68ID:7yzyDKTt0このままじゃ埒があかないと思い、たまたま仕事が休みだった 
    Yのお父さんを、Yが私の家まで連れて来てくれた。 
    YもY父も、この女の子には見覚えがないようだった。 
    Y父は「ここのお家はずっと○○ちゃん(私)のお家だよ」 
    「他の人達が棲んでた事は無いよ」と、謎の女の子に説明した。 
    女の子は、極めて平静に沈着に「けど、ここは私の家よ」と繰り返した。 
    私達は、こんなやり取りを20分程続けた。 

    844 3/3 sage 2011/07/26(火) 23:48:45.13ID:7yzyDKTt0Y父はそれからも「お父さんかお母さんは?お家はどの辺?」とか 
    色々質問するんだけど、女の子は「ここは、私の家なんだけど」としか答えない。 

    無感情に「ここは、私の家なんだけど」としか喋らないこの女の子に 
    私とYとY父は、なんとなく不気味さと言うか奇妙さを感じていた。 

    女の子は、子供らしくないというか異常に落ち着いていて 
    池沼とかじゃないっぽいし、何だか妙なオーラというか空気があった。 

    やがて、私達は問答も説得も諦め無口になった。 

    (何だろう?この子。どうしよう…?警察行こうか?)などと考えていると 
    唐突に女の子が「分かった」と言って、通学路の方向に歩き出して去って行った。 
    残された私達は、訳も分からぬまま、ただそれを見送った。 

    それから、その女の子が現れる事は2度と無かった。 



    23 本当にあった怖い名無し sage2005/07/06(水) 19:23:14 ID:t1/vQKlq0長いしキティな話しだけど書かせて欲しいんだ。 

    幼稚園に入るちょっと前ぐらいか? 
    子供の頃に毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。 
    大きさは、自分よりも大きかったから、犬のゴールデンレトリバーぐらいだと思う。 
    がっしりとした体で足が太く、体は真っ白で毛が長く、目は濃い水色で透き通ってた。 
    今でもハッキリと覚えてるのは、尻尾が5本あった事と、両目の間から山吹色の短い角みたいなのが一本生えていた事。 
    俺はその動物を「ワンタ」と呼んでいた。 
    俺が好きだったグレープジュースを一緒に飲んだり、白い柔らかなせんべいみたいなお菓子を分け合って食べたりしてた。 
    よく俺がワンタと一緒に遊んでいると、おふくろは一度だけワンタを見た事があるからなのかな、ジュースを2つ用意してくれたのを覚えてる。 
    ただ、親父にはワンタは見えないらしく、勝手にワンタのジュースを片づけてしまったりして、よく俺が泣いていた。 
    ワンタは中学校に入るちょっと前ぐらいに 
    『もうお前と遊ぶことができなくなってしまうなぁ。でも、いつもここにいるからな』 
    みたいな事を言われて以来、ワンタと会えなくなった。 
    中学校1年の中頃まで、毎日のように庭に出たけど、あの日以来、ワンタの姿を見る事はできなかった。 

    924 本当にあった怖い名無し sage2005/07/06(水) 19:26:34 ID:t1/vQKlq0どうして、突然、こんな事を書こうと思ったかと言うと、実は俺、ちょっと前まで膵炎で入院してたんだ。 
    痛いし、何も飲み食いできないしで、えらい苦しかったんだけど、ある夜、夢にワンタが出てきたんだ。 
    俺がベッドで横になっていると、俺の足下にワンタが座ってた。 
    「ああ、久しぶりだなぁ……」 
    と俺が言うと、ワンタは、心配そうな顔つきでじっと俺の顔を見つめると、突然ガウッと吠えて俺の胸に食らいついた。 
    痛みはなく、ワンタが何かをしてくれているという事を感じたので、しばらく胸元に食らいついている姿を見ていると、やがて顔をあげたワンタの口に何かがぶら下がっていた。 
    黒いゲジゲジのような虫のようで、それは空気に解けるようにして消えてしまった。 
    『もう大丈夫だな』 
    ワンタがそう言った所で目が覚めた。 
    翌日、目が覚めると体が軽く、その夢を見た日を境に俺の体調は、医者も驚くほどの早さで一気に好転していった。 

    子供の頃に毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。 
    俺の子供の頃の記憶から飛び出したワンタは、俺を救ってくれた。 
    おそらく、何となくだけど、もう生きている間には二度とワンタと会えないような気がする。 
    庭に向かってお礼を言っても、それが伝わっているか、今の俺には分からない。 
    だから、このスレに書かせてほしいんだ。 

    ワンタ、助けてくれてありがとう。 
    たまに、庭にグレープジュースを置いておくから飲んでな。 



    このページのトップヘ