都市伝説・不可思議情報ファイル

    カテゴリ:妖怪・もののけ

    1: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:49:26.74 ID:vNg7C1bU0.net
    去年あたりに鬼にとりつかれているけど質問あるっていうスレ立てたやつです

    23: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:30:53.25 ID:031noKpv0.net
    そもそも>>1はなぜ取りつかれたと思ったの?
    何かきっかけあるいは出来事があったんでしょ?

    24: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:32:28.22 ID:vNg7C1bU0.net
    >>23
    おばあちゃんの家行ったときに夢の中に出てきたんよ。
    それ以降、この状態。

    27: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 05:11:39.04 ID:M1A6deg90.net
    >>1おかえり
    とりあえず貼っとく

    鬼にとりつかれてるけど質問ある? [転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1425045413/

    鬼にとりつかれてるけど質問ある? 2 [転載禁止]©2ch.net
    http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1425733136/

    30: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:29:49.20 ID:vNg7C1bU0.net
    >>27
    ありがとう。
    ただ、葵ちゃんの嘘が発覚したから前スレがなんとも言えない感じになる

    2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:51:21.19 ID:DCp3M2u30.net
    どんなやつ?

    3: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:55:14.69 ID:vNg7C1bU0.net
    >>2
    容姿は普通の女の子

    4: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:56:18.00 ID:TpYJjon/0.net
    あげ
    鬼って具体的になんなん見えんの?
    危害加えてくんの?

    5: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:59:29.94 ID:vNg7C1bU0.net
    >>4
    一応本人(?)が鬼と言ってるから鬼って言ってるけど、霊みたいなもん。
    姿は夢(正確には違うらしいが)でしか見えないけど、声は常に聞こえてる。
    危害は特にない。感情が食べられるぐらい。

    31: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:30:44.31 ID:TpYJjon/0.net
    >>5
    感情ってえぇ(困惑)
    それっていつか廃人なるんじゃ

    32: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:36:01.72 ID:vNg7C1bU0.net
    >>31
    たくさん食べられれば余裕で廃人。
    だけど、あんま支障が出ない程度に食べてる。

    6: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:05:09.78 ID:5Z4vMDNz0.net
    未来を占ったりとかできる?

    7: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:06:04.19 ID:vNg7C1bU0.net
    >>6
    できない

    8: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:06:52.80 ID:DCp3M2u30.net
    鬼について詳しく

    11: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:10:07.78 ID:vNg7C1bU0.net
    >>8
    どのあたりを知りたいの?
    鬼についてはこの一年で結構調べたから全部というと結構長くなるぞ

    12: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:10:49.95 ID:DCp3M2u30.net
    >>11
    簡単にスペック

    17: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:19:47.52 ID:vNg7C1bU0.net
    >>12
    鬼はまぁ言ってしまえば霊。感情を食べる。

    俺の鬼は二匹いて、一人がさっき言ったように女の子の姿をしている。
    もう一匹は俺には黒い煙の中におかめの仮面が浮いているようにしか見えないけど、
    実際の姿は蜘蛛の上に人に上半身が乗ってる容姿らしい。

    9: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:09:17.35 ID:IoV588Sn0.net
    危害が無いのはいいね。では逆にメリットある?運が良くなったとか?

    13: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:12:29.20 ID:vNg7C1bU0.net
    >>9
    呪いとか霊とかの影響は受けないらしい。受けた経験がないけど。
    運が良くなったとかはなさそう

    10: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:09:21.68 ID:5Z4vMDNz0.net
    写真でとれる?

    14: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:13:33.76 ID:vNg7C1bU0.net
    >>10
    撮れないねぇ

    15: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:16:35.06 ID:031noKpv0.net
    感情を食われるってどゆこと?
    喜怒哀楽に疎くなるの?

    18: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:21:31.37 ID:vNg7C1bU0.net
    >>15
    そうそう、そんな感じ。
    ただ好き嫌いがあって、基本的に俺は怒りと恐怖しか食われてない

    26: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 04:10:40.12 ID:HWJUQFIB0.net
    >>18
    鬼は西洋では悪魔(サタン)で、
    悪魔崇拝者の傀儡(かいらい)メディアが
    毎日の様に、殺人やら何やらかんやら、
    恐怖を振りまく報道をして居るのは、その為だよ。

    16: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:16:43.33 ID:5Z4vMDNz0.net
    他の人にも見える?

    19: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:22:07.74 ID:vNg7C1bU0.net
    >>16
    見える人には見える

    20: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:23:13.64 ID:031noKpv0.net
    >>蜘蛛の上に人に上半身が乗ってる容姿
    これどこかで聞いた容姿だな。
    女性の上半身じゃないかな?

    22: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:24:12.40 ID:vNg7C1bU0.net
    >>20
    違うっぽい。両腕がない男性の上半身らしい。

    28: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:11:52.87 ID:FGRLA3PMO.net
    >>20
    強殖装甲ガイバーのリヒャルト・ギュオー閣下だな

    21: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:23:29.77 ID:IoV588Sn0.net
    そうなんだ。回答ありがとう

    俺は寝る。オヤスミナサイ

    25: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 03:12:57.18 ID:4V593Rec0.net
    おー!待ってたよ!
    あれから何か変化はあった?

    29: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:25:05.22 ID:vNg7C1bU0.net
    >>25
    ありすぎてヤバい。
    もう一匹鬼が増えたし、葵ちゃんの正体がわかったし、あっちの世界行くし。

    46: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 14:10:04.90 ID:ZsQTEe5Y0.net
    >>29
    全部くわしく

    48: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 15:45:43.34 ID:vNg7C1bU0.net
    >>46
    まず、鬼がもう一匹増えたことに関して。
    これは六月ごろに話なんだが、この一年間俺は浪人という名のニートだったんで暇だったのね。
    以下会話形式にする。俺の名前は1ってことで
    俺「暇だね」
    葵「確かにね。ずっと一緒だから会話も弾まないし、1は勉強しかしてないし」
    俺「うーん、困った」
    葵「他の鬼でも召喚する?」
    俺「え、そんなんできるの?」
    葵「召喚って言っても、非常食としてお腹の中に入ってるやつ出すだけだけど」
    俺「非常食なんてあったのか。面白そうだから、やろう」
    葵「でも、そのままじゃ見えないから少し1の波長増やさないと」
    俺「そんなんできるの?」
    葵「さぁ、わかんない」

    いろいろあってちょっと波長が増えるに至り、鬼を召喚したのだ!

    49: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 15:50:25.45 ID:vNg7C1bU0.net
    >>46
    次は葵ちゃんの正体だけど、流れを説明せずに結論だけ言うと、俺の家系の人だった。

    33: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:43:00.56 ID:4V593Rec0.net
    確か高位の鬼は食べる感情の量が少ないか調節出来るんだよな?
    これも嘘だったのか?

    34: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 11:05:01.85 ID:vNg7C1bU0.net
    >>33
    そこは大丈夫
    嘘が多く含まれているのは神とか鬼の世界についてだね。
    実際、神はあんないなかったし、こっちで神扱いだからといって神であるわけでもない。

    35: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 11:16:29.92 ID:Mz8j/GMD0.net
    神と鬼の違いって何?

    36: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 11:20:35.69 ID:vNg7C1bU0.net
    >>35
    力が強いかどうか。
    具体的には神は世界を作れる

    37: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 11:30:00.83 ID:DnrViOUuO.net
    私に憑いてる狐は食べれますか?尾が二つある白の大きな狐です
    もう楽になりたいです
    お願いします

    38: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 11:47:06.20 ID:vNg7C1bU0.net
    >>37
    直接会えばワンチャンあると思うけど、無理だと思うわ。すまんね。

    39: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 12:09:35.58 ID:DnrViOUuO.net
    >>38
    そっか…九州だししばらく入院だから無理かもね
    お祓いとかも意味ないかな?

    41: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 12:39:52.49 ID:vNg7C1bU0.net
    >>39
    お祓いは行くべきだと思うよ。
    ただ、まじで見える人が思った以上に少ないからいろいろ回ることになると思う

    44: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 12:50:36.26 ID:DnrViOUuO.net
    >>41
    ありがとう。退院後すぐお祓いしてもらいます。福岡の有名なところで予約制だからなんとか頑張ってみます。

    40: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 12:19:47.19 ID:Lhg42WZb0.net
    葵ちゃんって主に取り憑くまでずっとボーッとしてたんだよね?
    だから知識は無いとかなんとか
    あれも嘘だったのか?
    具体的に何が嘘だったん?
    てか、俺も大分忘れちゃってるからあらすじ的なの説明してくれるとありがたい

    42: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 12:42:15.22 ID:vNg7C1bU0.net
    >>40
    一番重大な嘘はそのぼーっとしてたってところだね。全然違った。
    というか、うちの家系に自殺者がバカみたいにいる時点で気づくべきだったよ。

    73: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 15:30:36.26 ID:qTm7nRtx0.net
    >>42
    葵ちゃんが1にとりつく前は1の先祖にとりつきまくって自殺させまくってたってこと?

    74: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 16:04:01.46 ID:WmVjCJwh0.net
    >>73
    そうそう。俺のしってる範囲だと、俺の祖父と父親の弟二人が自殺してる。
    そもそも、葵ちゃんが俺に憑りついたのも俺を自殺させるためだったからね。

    75: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 16:22:35.22 ID:qTm7nRtx0.net
    >>74
    今でも葵ちゃんは1を自殺させるつもりなの?
    とりついた人間が自殺すると鬼に何かメリットがあるのかな?

    77: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 16:28:28.92 ID:WmVjCJwh0.net
    >>75
    葵ちゃんは俺の家系の人で殺されたんだよね。しかも、焼死だから相当辛かったと思う。
    その恨みで鬼になったから、うちの人たち殺しまわってたんだよ。メリットもくそもなく、そのために生きてたらしい。
    俺のことは殺す気はないと思う。殺そうと思えばすぐに殺せるらしいしね。

    43: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 12:46:25.29 ID:vNg7C1bU0.net
    あらすじね。とりあえず、葵ちゃんについて話そう。

    葵ちゃんは俺に憑いている鬼で角の生えた女の子。
    服装は俺が女装に走るのを止めるために今はゴスロリを着ている
    5年ほど前に出会う。それ以後ずっと俺に憑いている。
    ぐらい。

    45: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 14:03:33.58 ID:TpYJjon/0.net
    よくわからんが悪いこと言わないから寺いってこい

    47: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 14:52:47.18 ID:FGRLA3PMO.net
    >>45
    空海が降りてきて能力を与えられ、山神と対話でき、11次元にまで行けて、3年先の未来が見えるほどの能力者ですら、封印破られ解き放たれた化け猫に負けて世を去ってるぞ
    化け猫の封印ぶっ壊したのが息子ってオチだけど
    強力すぎる力を持ったのはそこらの寺じゃどうにもならんだろう

    50: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 15:54:45.88 ID:vNg7C1bU0.net
    >>47
    最後にあっちの世界に行ったことについてなんだけど、一月の初めに昔ただ一人だけ葵ちゃんを見えた人と再会したのよ。
    その人に「あなたに憑いてるそれ、相当弱くなってるよ」って言われて、葵ちゃんが弱ってるのに気付いたのさ。
    で、おいおいやべーよってことで神様に力を分けてもらいにあっちの世界へ行ったという話。

    51: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 16:04:16.81 ID:vNg7C1bU0.net
    >>51
    47にズレとるわ、すまん。

    52: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 16:48:34.28 ID:ZsQTEe5Y0.net
    >>51
    詳細サンクス
    随分とカオスなことになっとるなwww
    もう一体の鬼とも会話してるの?

    53: 1@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 16:53:08.16 ID:vNg7C1bU0.net
    >>52
    あんまりしないけど、してるね。

    54: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 17:00:09.82 ID:x2006GOL0.net
    仕事の”鬼”になったというオチ

    55: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 01:02:11.73 ID:moLUpYFl0.net
    なんかタイムリーに過去スレが纏められてるな

    56: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 01:57:58.35 ID:WmVjCJwh0.net
    質問こなさすぎて笑うわwwwwww

    鬼について書いとくか

    57: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:06:36.36 ID:r6DeVE1r0.net
    >>56
    いや、多分あんたの受け答えが微妙だからだよ
    なんか肝心なとこ省略するよね

    59: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:09:08.18 ID:WmVjCJwh0.net
    >>57
    まじ? 自分で重要だと思うところは言ってるつもりなんだけれども

    60: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:16:13.26 ID:r6DeVE1r0.net
    >>59
    要点だけじゃなくて
    みんなこまかい流れの方が知りたいんじゃないかな
    そこから新たな疑問も湧いてくるってもんだ

    いろいろあって~みたいなとこも
    全部書けば自ずと質問も湧いてくるぜ

    61: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:18:53.56 ID:WmVjCJwh0.net
    >>60
    ほーへー、サンクス。

    58: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:07:51.79 ID:WmVjCJwh0.net
    では鬼について説明します。

    俺の言っている鬼はいわゆる角の生えているアレではなく、まぁ霊一般を指します。
    肉体はなく、感情で体が出来ていて、感情を食べることで自身を維持しています。
    そのため感情が足りなくなると、弱い者は消滅します。強い者も自身の体を構成している感情を切って生きるのでまともに動けなくなります。

    62: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:30:50.63 ID:WmVjCJwh0.net
    では、波長増やした方法について書くか。暇だし。
    まず、初めにやったのが葵ちゃんに血を吸ってもらうこと。吸血鬼みたいにいけるかなとね。
    これはまるで効果がなかった。いや、口から血が垂れてる葵ちゃんがエロかったってのはあった。

    次は俺が葵ちゃんの血を飲むことにしたんだが、残念ながら血がなかった。ので、唾液の飲んだ。
    唾液飲むときに興奮したせいで、三回ほど失敗したが、これは効果があった。
    無事、夢の中の俺に小さい角が一つ生えた。葵ちゃんによると、一割がた鬼になったよう。
    死ななきゃ鬼になれないっていうアレはどこいったんだっていう話だわな。まぁ、いいけど。

    それで少し日常でも霊が見えるようになった。っていっても時々影が見えるだけだけど。
    無事波長が変わったので、鬼を召喚しました。

    63: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:37:08.95 ID:WmVjCJwh0.net
    もう一匹の鬼について。
    こいつの名前は四郎(命名者:葵ちゃん)。俺はおかめがいいって言ったのに、却下されやがった。
    葵ちゃんより全然弱い。あんまり話さないというか、正論しか言わないからあんまり話したくはない。性別はない。
    これぐらいかな。

    64: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:40:46.65 ID:WmVjCJwh0.net
    あぁ、あとは四郎は神の部下だった。
    葵ちゃんの件でお世話になったのがこの神。名前はない、というかあっちでの名前はあるんだけど、こっちに対応してない。
    葵ちゃんもあっちでの名前があったし、四郎もしかり。

    70: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 12:54:36.63 ID:SxqK7rwP0.net
    >>64
    名前がこっちに対応していない、って言うのは
    音として聞こえない、そもそも名前を言ってるのかどうかも分からないというもの?

    72: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 15:10:09.18 ID:WmVjCJwh0.net
    >>70
    音として聞こえない。
    ほとんどがピー――っていう電子音にしか聞こえないんだよ、あっちの言語って。ごくまれに意味がわかる部分もあるんだけどね。
    鬼も文法とか単語とかでなく、声に気持ちを載せてるだけっていってるし。

    65: 1@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:44:45.45 ID:WmVjCJwh0.net
    というか、まず葵ちゃんから説明したほうがいいのか。

    66: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 10:10:07.53 ID:DO7YTQkI0.net
    どう見ても危ないやつだろ

    67: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 10:30:17.63 ID:tq/7Ity/0.net
    このネタは成功しない

    68: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 11:25:50.00 ID:NBHckK2+O.net
    桜井識子か

    69: 本当にあった怖い名無し 2016/03/05(土) 13:01:00.55 ID:7qj5c2H48
    >>62
    ちょっと羨ましい

    71: 本当にあった怖い名無し 2016/03/05(土) 13:33:39.56 ID:7qj5c2H48
    センターの合格発表はもう済ませたのかい?
    これから?

    76: 本当にあった怖い名無し 2016/03/05(土) 16:30:59.61 ID:7qj5c2H48
    えっ

    78: 本当にあった怖い名無し 2016/03/05(土) 17:32:05.21 ID:7qj5c2H48
    それって要するに鬼化した怨霊さんだよね
    怨霊さんに憑かれてるってことだよね
    大抵は浄霊という形をとるけれど
    1さんはもう葵ちゃんと和解できたの?

    79: 本当にあった怖い名無し 2016/03/05(土) 17:43:42.93 ID:7qj5c2H48
    こういうの話題にするのは気がひけるけど、身内同士で揉めたってこと?
    無理やり荼毘にふされたとかそんな感じなんだろうか

    もし差し支えなかったら詳しく教えてほしい

    80: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 17:51:47.45 ID:DO7YTQkI0.net
    もういいよ病院いきな頭の

    引用元 http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1457023766/

    897 本当にあった怖い名無し sage2011/08/17(水) 00:01:31.19 ID:D8DkF5hv0「山の話」かと問われると厳密には異なるかもしれませんが、閑話に小話をひとつ。 

    私は会社の地方事業所に転勤することになり、住み慣れた故郷を離れ、 
    自然の多く残る里山の近くに移り住むことになった。 
    会社や社寮のある地域は森が道路の真横に生い茂り、 
    夜になるとタヌキ、キツネ、イタチ、シカと様々な野生動物と遭遇する。偶にクマやイノシシなど危険な動物が山から降りてくることもあるらしいが、 
    その地域では、それらの猛獣以上にシカに気をつけるように言われた。 
    なぜなら、道路に飛び出たシカを跳ねてしまうと一発で車がお釈迦になるからだ。 
    特に雄のシカは体が大きく、ぶつかると車体がグシャグシャになってしまうとか。 
    転勤から数ヵ月後、残業を済ませ夜に会社から寮へ帰り道を運転していた時、 
    すぐ横に大きな山林が広がる道路にまで差し掛かった。 
    その山林横の道路は元々人の通る道でもなく、街灯も設置されておらず、 
    夜は真っ暗になるので、徒歩で移動するのはご遠慮願いたいような場所だった。



     

    902 本当にあった怖い名無し sage2011/08/17(水) 00:09:45.08 ID:D8DkF5hv0その道はよく動物が飛び出す場所でもあり、 
    会社への行き帰りにひき殺された死骸を見ることが多々あった。 
    イノシシとぶつかり、新車を駄目にした知人もいたので、 
    その日の夜も念のためスピードを落として通過しようとしていた。 
    すると、道路横の茂みから車の前にポーンと茶色い何かが飛び出してきた。 
    飛び出してきたものとは距離も離れていたので 
    軽くブレーキを踏んで目の前を通り過ぎたものを確認すると、 
    それは大きな雄シカだった。 
    雄シカはピョンピョン跳ねながら、向かいの林へと駆けて行った。 
    車にもぶつかることもなく、前もって注意していたのが功を奏したと一安心。 
    するとその時、 
    さらにもう一体、シカが飛び出した場所から灰色の何かが飛び出してきた。 
    今度飛び出たものは車の目の前ギリギリを駆け抜け、 
    車にぶつかるかどうかというところをすり抜けていった。 
    一体何とぶつかりそうになったのかとバックミラーで後方を確認すると、 
    そこには灰色の動物が直立していた。 

    905 本当にあった怖い名無し sage2011/08/17(水) 00:17:36.13 ID:D8DkF5hv0シカやイノシシのフォルムではない。クマにしては細すぎる。 
    何よりあんなに背筋を伸ばして立つ動物なんて知らない。 
    だからといって人間とも思えない。 
    一般人はこんな道にやって来ないし、猟師にしたって手ぶらなのはおかしい。 
    そいつは道路の真ん中に佇んでいたかたと思うと、スッと首を回してこちらを見てきた。 
    その時にはそいつと車は大分離れた距離にあったが、 
    それでも車をじっと見ている姿がミラー越しにはっきりと見えた。 
    得体の知れないものに見つめられたことで言い知れぬ恐怖を覚え、 
    私は車を飛ばして寮へ逃げ帰った。 
    妙な生き物が私を追いかけて来るようなことはなかったが、 
    山林横の道路と寮はそこまで離れておらず、 
    私を見つめていたあの生き物が寮まで追ってくるのではないかと不安な一夜を過ごした。 

    あの夜以降、幸いにも私は灰色の何かと遭遇してはいない。 
    しかし、アレに合ってから、1つ気になっていることがある。 
    野生動物が絶えずひき殺されている山林横の道路、 
    あそこは“何か”に追われた動物が飛び出し、車に引かれているのではないか、と。 



    574 本当にあった怖い名無し sage2011/08/05(金) 05:02:17.28 ID:TX+R3lSnO田舎に住んでた子供の頃、 
    地元から一つ向こうの山で遊んでるうちに迷った。 
    泣きたい気持ちを堪えながら、闇雲に歩いていると人の声がする。 
    安心してそっちに行ってみると変なものがいた。 

    ガリガリに痩せた3mぐらいあるやたらでかい人間?が、 
    ナメクジみたいな体に人間の顔が埋まったような生物(複数いた)に鎖を繋いで歩いていた。 

    やつはすぐにこっちに気付き、近づいてきた。 
    もうガクガク震えていると、腰をヌッと落とし顔を近付け、 
    この事一切他言無用、と言った。目が異様に小さかったのを覚えている。 
    道に迷ったの、と何とか口にすると、やつは暫く考えた後、 
    ここをこう行け、と教えてくれた。 

    その時、後ろのナメクジ人間?がみんな口々に叫んだ。 
    助けてください!きみ人間だろ!助けて!こんなの嫌! 
    みんな泣いてるようだった。 

    当然俺にはどうしようもなく、半泣きで固まっていると、 
    やつはまた鎖をぐっと持って、彼らを引っ張りながら森の奥に消えて行った。 
    助けを乞う声はずっとしていた。そしてやつの背中が見えなくなったあと、 
    俺は変な声で叫びながらも教えてもらった道を無我夢中で走った。 

    あれだけ迷ったのに簡単に家に着いたんだから、 
    悪いやつではなかったような気もするが、 
    あれが物の怪だったのは間違いないとしても、 
    あのナメクジ人間が何だったのかがよく分からないままだ・・・。 


    恋もお金も幸せひとり占め!

    開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」


    191 本当にあった怖い名無し sage2011/08/31(水) 15:04:34.06 ID:J+G26Ffvi今年の夏(今も夏だけど)に彼女と山にドライブに行った時のこと 
    ちょっと冒険心を煽るような小道を見つけたんで入ってみようってことになった
    でももし行き止まりでUも出来なかったら怖いって事で、俺が車から下りて 
    見に行く事にした。まぁ数分歩いて何もなさそうだったらあきらめて帰ろうと思って 
    でもものの3分くらいで大きな広場に出た、これなら車で来ても大丈夫だなと思い、 
    彼女に電話しようとした。 
    そのとき奥の雑木林の方に影が見えた。近づいて木の間から覗くと至近距離に河童がいた 
    嘘っぽいだろ?でも本当にいた。しかもメッチャデカイ。 
    おれが190くらいあるんだが見上げるほど 
    チェホンマンを真近でみたことあるけどそれくらいかそれ以上 

    あっけに取られていると「ゲッゲゲッゲ」と奇声を発して林の億にある 
    電波塔をよじ登って行った。 
    彼女からの電話で我に帰って、その話をしたけど勿論信じられず... 
    山に河童がいるのがそもそもおかしい気はするけど、奇妙な体験でした 

    192 本当にあった怖い名無し sage2011/08/31(水) 17:11:00.89 ID:Vsi58ebP0>>191 
    山童かな? 
    河童も山童も同じと何処かで見た気がする 


    日常生活に関するアンケートに答えるだけでプレゼントゲット!アンケートキャンペーン

    929 本当にあった怖い名無し 2011/06/06(月) 00:15:38.73 ID:gY5AnhAX0>>837 
    20年前、北関東の小さな町 
    オレらは小学校の裏山でよく遊んでたんだが、奥の森は広くて危ないから入るなと言われていた 
    土曜日の午後、友人四人で探検ごっことして森に入った リュックに荷物詰めて、ワクワクしながら散策してた
    ある程度奥に進んだところで、岩に腰かけておやつを食べていると、友人の一人がシーッと会話を制し、指をさした 
    その方向をむくと、なにやら妙な生き物がノシノシと二本足で歩いている 大人ほどの背丈で腹がでており、足は短く、割に手は長い、身体は毛がなく、ツルッとした灰色だか緑色だかが混じったような全身粘膜に見えた、とにかく見たこともない生き物 
    こちらに気がついていないようだったが、オレらの仲間内でも小心者のはずのAくんがなぜかそいつに向かって空き缶をぶんなげた 
    空き缶は当たりはしなかったが、そいつはこちらに気付き、向かってきた 目玉がやたらでかくて魚みたいな感じで視線が読めない 
    しばらく金縛りにあったかのように動けなかったが、友人がワッと叫ぶと同時に全員慌てて逃げ出し、目印に置いておいたおはじきを頼りに森を出た 
    途中振り返ってみると、そいつは走っているようだったが、足が遅く、俺達は余裕で逃げ切れた
    リュックを忘れたため、母ちゃんに怒られて、オレはその話をした 
    母ちゃんは全く信用してなかったが、俺達全員が揃って同じ証言をしたため、かえってなにか悪いことをしているんじゃないかと疑われ、最終的には保健の先生にカウンセリングのようなものを受けさせられるまで話が大きくなってしまった
    俺達は困ってしまい、もうこの話はしないようにした 
    友人が描いた似顔絵から、ギガデーモン(似顔絵がドラクエのモンスターに似てただけ、本物は全然違う)と呼ばれたその生物は俺達の学年の間で流行り、大人に内緒で何度か捜索隊を結成したが、その後見ることなかった 
    森でよく仕事をしていた友人の祖父に聞いてみたこともあるが、もう何十年もこの森を見ているが、そんなものは見たことも聞いたこともないとのことだった 
    今考えると恐ろしいことをしていたな、と思うが、当時なぜか不思議と恐怖心は起こらなかった
    俺はもう地元を出たが、今でも当時の友人と飲むとギガデーモンの話が出る 
    何なんだろうなギガデーモンは? 
    そういう妖怪でもいるのかな? 




    117 名前: 95 01/10/17 17:46 
    河童に助けられた話。 

    リアル消防のころ、河童が出るとか噂があった池みたいなところの跡で、 
    釣りしてたらね、友達といったんだけど、冗談のつもりでその友達の 
    帽子を池(といっても貯水池みたいなところ)に向かって投げたのよ。 
    そしたらその友達切れてね。兄貴のだったらしくて泣きべそかきはじめやがったから 
    しょうがないから物干し竿みたいな竹の長い棒を探してきて、引っ掛けて 
    とろうと思ったのよ。 
    そしたら、まぁ、パターンだよな、、、、滑って池に落ちたのね。 
    縁のところは浅かったんだけど、貯水池だから、ちょっと奥に行くといきなり深くなってて、 
    それに気づかなかったオバカなおれは、「何だ結構浅いじゃん♪」って 
    ざばざば入って帽子取りに行ったのよ。
    おぼれるわなそりゃ。 
    その辺の記憶はない。。。残念ながら。
    友達が言うところによると、いきなり姿が消えたと。(消えるかっちゅーねん、少しは考えろよ) 

    118 名前: 95 01/10/17 17:56 
    >>117続き 

    かろうじて記憶にあるのは、くっせー水をがばがば飲んだ事かな。 
    そうして、やばいなと思ったところ、ふっと足に触るものあるから、 
    藁をもつかむの通り、その足に触るものの上に立とうと試みたわけよ。 
    そしたらさ、その足、払いのけるやつがいやがんの。 
    あせったね。やばいと思った。 
    ところが、そんとき足を今度はつかまれて、引きずり込まれてさ、 
    よく夏の怪談で聞くじゃん?!海で足つかまれたとか、それだと思ったよ。 
    あせりまくってる折れを、そんとき誰かが今度は背中から抱きかかえてくるの。
    リアル消防の折れでも覚悟したね。死を。 
    そしたらそのうしろから抱いてきたやつ、折れのこと水面の方に引きずり上げようとしてるのよ。 
    つまり、足をつかんでるやつは引きずり込もうとしてるけど、後ろのやつは引き上げようとしてる。 
    そんなこんなしてると、足つかんでる手がふっとはなれてね、一気に水面へ。 
    そこからの記憶もまたあいまい。ただ、でっかい水かきのついた手が胸のあたりに見えたのを覚えてる。 
    あれが河童だったんだな。素直に信じたよ。河童に助けられたって。 

    119 名前: 95 01/10/17 18:02 
    で、肝心の友達はどうしてたかというと、逃げたらしい。 
    中学卒業するまでいじめたね、そいつは。 

    ただ、今もそうだけど、俺って水難の相があるとかで、水辺に近づくなと 
    よく言われてたよ、近所のジーさんに。
    まじで、海で流されたこともあったし、川に落ちたこととか、プールで、足つって 
    おぼれかけたこともよくあった。 
    幸い生きてるけどね。 

    うちの母親が、まぁ、気休めっちゅう事で、一回そこの河童が出る噂の 
    あるところに、祠みたいのがあるんだけど、ちっちゃいやつ、そこにお酒と 
    きゅうりお供えして、供養(?)みたいなことしてくれてたから、 
    もしかすると、だから助けてくれたのかもな。 

    どうせ、折れ以外のそのときの目撃者とかいないし、誰も信用しないだろうけどさ。 
    まじなのよ。だから、きっといるね、河童は。 


    日常生活に関するアンケートに答えるだけでプレゼントゲット!アンケートキャンペーン


    恋もお金も幸せひとり占め!

    究極の開運護符で成功達成!


    497本当にあった怖い名無し 2012/09/29(土) 13:32:40.46 ID:Kvcp+xgw0もう1つは 
    たしか中学1年ぐらいだったかな 

    その日は学校が終わって当時1番仲の良かった友達と遊んでた 
    友達の家は一軒家で大きめの庭があり 
    当時はよくその庭で遊んでてその日もキャッチボールとかして遊んでた 
    だんだんキャッチボールにも飽きてきて
    家の周りで鬼ごっこをする事にしたんだ
    たしか俺が鬼で友達が逃げてて家の裏手の方まで来た時に 
    友達の家の裏手は物置?みたいな感じで
    使わない冷蔵庫とか洗濯機とか色々置いてあってかなり狭い 
    俺が友達に「裏手はちょっと通りにくいから通り道作ろう」って言って 
    邪魔な物をどかしたんだ 

    498 本当にあった怖い名無し 2012/09/29(土) 13:37:50.56 ID:Kvcp+xgw02人で持てそうな物をどかして 
    最後にサーフボードをどかせばやっと人が通れる道ができる 
    それで2人でサーフボードを持ってどかした時だった 
    サーフボードの下に何やら動く物体が見えた 
    となりのトトロの真っ黒くろすけを想像してもらえばいいと思う 
    色は茶色で目とかはなかったと思う 
    最初はほこりの塊だと思ったんだけどそれは俺達に気づくと 
    物凄い勢いで動いて慌てた感じでぐるぐる回りだした 
    俺と友達は唖然として頭の中はパニック
    そしたらその真っ黒くろすけみたいなのは 
    家の壁に向かって猛スピードでダッシュして 
    壁の隙間に吸い込まれるように消えた 

    説明下手かもしれないorz 
    分かり辛かったらすまそ 


    499 本当にあった怖い名無し sage2012/09/29(土) 13:39:31.94 ID:XzzrRaW40いやいや、よく解ったよ 
    マックロクロスケ、本当にいたんだ 
    そういう話を時々聞く 
    いいもの見たね、うらやましい 

    500 本当にあった怖い名無し 2012/09/29(土) 13:43:16.41 ID:Kvcp+xgw0>>499 
    文才なくてごめんね 
    壁の隙間って言葉は適切じゃないなー 
    裏手だから扉とかないし本当に普通の壁で 
    どんなに小さい虫でもそこから家に侵入するのは不可能 
    でもそいつは地面と家のほんの僅かな隙間に吸い込まれるように消えたんだ 

    今ではその友達とは疎遠になったけど 
    昔は何かある度に「俺らすごい物見たよなー!」って話してたな 

    あなたの名前・生年月日から必要な運気を導き出し

    オリジナルパワーストーンブレスレットを製作します【テラピス】



    574 【豚】 520 sage 2012/10/01(月) 22:15:25.51 ID:jKKMTW8nO>>565 
    妖怪ではなく神様の眷属かもしれないですね。 


    509 本当にあった怖い名無し sage2012/09/29(土) 15:54:18.87 ID:iMJnfo3e0>>470 すっごい楽しめました。ありがとうございます。 

    むしろ神社の由来の方だけでも知りたいな。 

    510 本当にあった怖い名無し 2012/09/29(土) 16:15:55.00 ID:Kvcp+xgw0>>509 
    楽しめてもらえたなら書いて良かったです 

    妖怪ってのは案外身近にいると思う 
    真っ黒くろすけみたいな奴も本当にいきなり出てきたし 
    まさか東京にそんな生き物がいるなんて思わなかったよ 
    青森で遭遇した大きい奴は 
    山とかにいかないと会えないかもしれないけど 
    小さい妖怪は身近にいると思う 
    人間に見つからないように上手く隠れてるだけでね 
    死ぬ前にもう一度会えたらいいなー 
    576 本当にあった怖い名無し 2012/10/01(月) 22:27:44.32 ID:ec3T0KYv0>>574 
    たしかに神様かもなー 
    真っ黒クロスケみたいなのを見た友達の家はかなり裕福で 
    お父さんは20歳ぐらいに会社作ったとかで 
    おまけに成功して小金持ち 
    家も友達の中では1番広くて綺麗だったな 
    お母さんもモデル並みに美人だし友達もイケメンで性格良くてスポーツ万能 
    考えてみたら神様なのかもしれないな 




    499 あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/25 00:28昔にも書いたけど・・・・ 
    小学1年のゴールデンウィークに家族と潮干狩りに出かけた。 
    貝を掘る事になんの楽しみも見いだせなかったから少し離れた所で 
    砂遊びや波打ち際で足をばしゃばしゃさせたりして時間を潰してた。 
    そん時にボールが砂に埋まって半分顔出しているのを見つけて俺は掘り返した。 
    そしたらそのボールに目玉がついててキョロキョロしてた。 
    めちゃくちゃ恐かったが当時ゲゲゲの鬼太郎(野沢雅子版)が再放送していて 
    妖怪と仲良くなれると思った俺は友達になろうよ的な事を口走った。 
    するとその目玉がギョロっと白目を剥いたから思いっきり投げた。 
    それを家族に言おうとしても何故か忘れてしまう。んで思い出してもまた同じ。 
    数年前テレビでアイドルが俺と同じような体験を語っていたので 
    もしかしたら仲間なのかも。 
    そのアイドルは貝殻に目玉が突いてたと言っていたが。 

    俺今22歳。

    【DMM.com】オンラインゲーム





    663 本当にあった怖い名無し sage2011/06/30(木) 23:05:22.50 ID:bYvtG8l0O先日キャンプで体験した話 
    深夜に友人数人で酒飲みながら肝試しに雑木林の獣道を歩いてたら 
    木のかなり高いところの枝に何かぶら下がってるのを発見 
    懐中電灯で照らすと、俺たちは悲鳴を上げた 
    ボロボロの服を着て頭ボサボサの男が逆さにぶら下がってゆらゆら揺れてた 
    俺たちは一目散にテントのところまで逃げ帰って、あれは何だったのかと議論 
    更に酔いが回った俺たちは「山の神様かも知れないので挨拶に行こう」と 
    先ほどの宙吊り男のもとへもう一度向かう事に 
    相変わらずぶら下がってゆらゆら揺れてる男の木の根元に酒をお供えしてから 
    全員で手をたたいて拝んでるとその男が「酒か?」ときいてきたので 
    「お供えです。召し上がって下さい。」と答えると宙吊り男は「そうか、ありがとう」と嬉しそうだった 
    翌朝見に行くと男は居なくて何かあちこちに血痕があった 
    あれは何だったのか謎 

    669 本当にあった怖い名無し sage2011/07/01(金) 02:16:10.97 ID:N4/VQJQt0>>663 
    酔って木登りに幾度か失敗して膝とかつま先とかを流血傷だらけにしたおっさんが 
    酔いのまま遊んでるところへへんな若者がやって来て逃げ、またやって来たと思ったら今度は酒持参。 
    聴けばお供えとか言ってるし(腹痛い) 
    取り合えずもらって飲んでまた転けながらフラフラ帰った、ってかんじ。 


    673 663 Sage 2011/07/01(金) 06:18:10.50ID:0ocOwyisOしかし、その男は四メートルはある高さにぶら下がってて 
    そこまで登れそうな枝も無かったんだよな 
    服装も何だか古臭い侍みたいな格好(着流し?っていうのかな)だったし 
    山の結構奥深いところだったし、やっぱり山の神様だったのかも知れない 

    オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!


    「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから

    801 曾婆ちゃんの話 sage New! 2013/11/27(水) 13:17:24.18 ID:RILHj3XU0
    流れぶった切って昔曾婆ちゃんから聞いた話。
    うろ覚えだしちょっと長いけど簡便

    曾ばあちゃんは、中部地方の山の中の集落の出らしい
    子供の頃に両親が亡くなって、兄は奉公に出て、幼かった婆ちゃんは庄屋の家に引き取られた
    婆ちゃんは二歳年上の庄屋のお嬢さんの遊び仲間兼お付の女中になった。
    それで婆ちゃんも礼儀作法や読み書きをを厳しく仕込まれたらしい。
    年が近かったせいか、お嬢さんが姉のようで、お嬢さんも婆ちゃんを妹のように可愛がってくれたらしい
    婆ちゃんが今の中学2年の頃に、村に問題が起こった

    802 曾婆ちゃんの話 sage New! 2013/11/27(水) 13:21:46.00 ID:RILHj3XU0
    最初は村の鼻つまみ者が死んだ。神仏を信じないで地蔵や岩に彫った神様に小便を引っ掛ける、
    お供え物を蹴散らす、入っちゃいけない場所に入る、天狗を見た、梢に化け物がいると言い、
    夕方に枝の上から大声を出す、水をかけるといった具合で、親もさじを投げて村八分状態。
    そんな男が死んだので、村では神様の祟りだ、天狗の祟りだという話になった
    山中の高い木の下で死んでたのも、天狗の仕業とされたらしい
    そのうちに立て続けに、村の人が事故にあうようになった。慣れた道で転ぶ、木から落ちる、
    という小さい事故が相次いで、村に天狗の祟りが続いていると噂がおきた

    803 本当にあった怖い名無し New! 2013/11/27(水) 13:24:18.31 ID:RILHj3XU0
    初めのうちは宥めて回る者もいたらしいが、そのうち噂が噂を呼んで話が大きくなったそうだ
    祟りを恐れてこっそり逃げ出すものも出てきた。村では祟りを沈める方法が色々話し合われたらしい
    天狗に生贄を捧げればというものもいて、婆さんは生きた心地もしなかったらしい。
    生贄といえば若い娘に決まっている。山の中の集落だから年頃の娘は少ない。となれば身内の少ない自分が選ばれるに違いないと思っていたそうだ
    話し合いの末に庄屋が金を出すからと説得して、山をいくつか越えた先の集落に婆さんの拝み屋を呼ぶことになって迎えの者が出発した。

    ところが、迎えの男たちが半月経っても戻ってこない。
    婆ちゃんもお嬢さんが屋敷から外に出るとじいっと見る村人もいて、気味悪くてほとんど屋敷の外に出なかったらしい
    年嵩の女中仲間も他の奉公人も、祟りの噂話をすることもなくなってしまっていた。庄屋も顔色が優れないようなった
    婆ちゃんは、生贄を出すことに決まったんだ。自分が生贄にされるんだとうすうす察して、怯えたそうだ。
    ただお嬢さんだけが変わらずに振舞っていたらしい

    804 曾婆ちゃんの話 sage New! 2013/11/27(水) 13:25:51.54 ID:RILHj3XU0
    そんなある日、お嬢さんが消えた
    朝起きて、婆ちゃんがお嬢さんを起こしに行ったらいなくなっていたそうだ
    雨戸は内側から閂がかかっていたし布団にはまだぬくもりが残っていた
    布団の上に山の中に生えている木の葉っぱが一枚落ちていた。着物と草履は亡くなっていたが、他は全部残っていた
    大騒ぎになった。逃げたという人もいたが、天狗が連れて行ったという人もいた
    お嬢さんが草履履きで山を越えていくなんて考えられない。次第に天狗が浚ったんだと言う話なった

    拝み屋を迎えにいった一行が戻ってきたのは、そんな頃だった
    婆ちゃんは拝み屋を一目見て震え上がったらしい
    拝み屋の婆さんは盛大な祭壇を作って、神様を拝んだそうだ
    そのときに村人一同を集め、村人一同を叱り付けた

    805 曾婆ちゃんの話 sage New! 2013/11/27(水) 13:28:09.64 ID:RILHj3XU0
    拝み屋婆さんによると、今回の騒動は村人の不信心から起こった事だという
    最初に男が死んだのは、本人のせいだったそうだ。
    神様に罰当たりなことばかりしていたから、村の神も山の神も、男を守ってくれなくなっていたらしい
    それでとうとう、木に登ろうとして足を滑らせて落ちて死んだ
    天狗は確かにいたらしい。元からいた天狗ではなく、大天狗(?)の使いの帰りに立ち寄った天狗で、
    死んだ男が無礼をして穢れてしまったので帰れなくなって、穢れを落とすまで山の中にいたらしい
    山や村の神様は怒ったのも、そのせいだそうだ。自分が守る村人たちが天狗に無礼を働いたんで当然のことらしい
    その後の村人の怪我は、不信心の結果だという。男の死や一連のことを神様のせいにして騒いだから、神様が怒って、守ってくれなくなっていたそうだ。
    庄屋の娘は神隠しだそうだ。村人が娘に無体なことをしようとしたから、神様が娘不憫がって連れて行った
    娘は神様の領域に行ってしまったのでもう帰ってこないから、神様として祭るように言われたそうだ
    それで村人も反省して、皆で神さまに謝って、お嬢さんをお祭りして拝み屋に拝んでもらったらしい
    屋敷の中にもお嬢さんを祭る社を作って、拝んでもらったそうだ

    806 曾婆ちゃんの話 sage New! 2013/11/27(水) 13:29:28.85 ID:RILHj3XU0
    婆ちゃんはそれからしばらく庄屋の家で働いたそうだが、お嬢さんがいないんで兄を頼って町に出たそうだ
    そのとき庄屋からは結構な退職金(?)が出たらしい。
    婆さんが結婚したときも、庄屋が色々面倒を見てくれたらしい。婆ちゃんはお嬢さんの櫛をもらって、
    それをずっと拝んでたそうだ。でも空襲のときに焼けてしまったといってた。
    戦争の時に故郷の村とは縁が切れてしまった。といってた。
    婆ちゃんはその話をしながら泣いてた。
    俺が婆ちゃんに、お嬢さんを連れて行くなんてひどい神様だといったら怒られた。
    ひとつだけ教えてくれた。あの日、お嬢さんがいなくなった日。
    婆ちゃんは雨戸を開けたんだそうだが、閂は降りてなかったそうだ
    だからお嬢さんは、自分から出て行ったのかもしれないと思ったそうだ
    でも布団の上の葉っぱは本当で、それは山の中にしかない木だったのは本当
    拝み屋の婆さんは全部知っているようだったので、こっそり閂のことを話したらしい
    そうしたら、それは黙っているように言われたそうだ。
    娘は神様が連れて行ったんだそれが一番大事なことだ。それを聞いて婆ちゃんは声を上げて泣いたそうだ。

    807 曾婆ちゃんの話 sage New! 2013/11/27(水) 13:31:33.81 ID:RILHj3XU0
    これで終わりです

    曾婆ちゃんはお嬢さんを、とても優しくて綺麗な人だったといってました
    そしてぼろぼろ涙をこぼしていました

    このページのトップヘ