都市伝説・不可思議情報ファイル

    カテゴリ:UFO・宇宙人

    157 UFO話はここでよかったですか?02/05/06 02:33実家は種子島なんですが 
    そこで小学校の時不思議な体験をしました 
    15年ほどたった今でも覚えています 
    内容はUFO物のよくありがちなパターンなので 
    真実味がないかもしれません 
    信じてもらえる方だけで結構なので聞いて下さい。 

    その日僕は田舎である種子島へ家族で遊びにきて 
    晩御飯を食べたあとみんなで花火をしていました 
    花火が終わり家族が家に戻ったあとに 
    私と弟とあと親戚の子で地面に寝転がり星の観察をする事にしました 
    (ご存知の方もいるかもしれませんが種子島は 
    めちゃくちゃ星がきれいで凄い数の星にゾッとするくらいです) 
    懐中電灯を空にむけるとサーチライトのように空に光の筋が出来て 
    振り回してあそんでいました。 

    最初に見つけたのは僕なのですが 
    低い位置 海の方で星の4倍くらいの大きさの光がプルプル震えてヒュっと移動
    またプルプル震えてヒュっと移動という妙な動きをしているのを見つけました。
    ん?と思って立ち上がり位置を確認すると かなり沖の方(水平線の方)だと 
    いう事がわかりました 弟に言うと即「UFOや!」と言い出しました 
    確かに今までに見たこともない動きだったのです。 
    矢追のUFO物がすきだった私はドキドキしながらも冷静に観察しました 
    よくよくみると水面に近づいたときに水面に光が反射しているのを確認したとき
    弟には何も言わないでダッシュで親戚のお兄ちゃんを呼びにいきました。 

    続く。。 


    160 UFO話はここでよかったですか?02/05/06 02:36家のドアを開けて叫びました「UFOや!お兄ちゃん!UFOやで!」 
    大人たち(藁 は全然耳をかさないで話に夢中でした 
    お兄ちゃんは地元の人で 
    「なに?UFO?俺も前みたよ どれどれ?」と出てきてくれました 
    お兄ちゃんに場所を説明するときにはそれは明らかに最初みつけたとこから 
    移動していました しかもわかりやすい事に他の星の移動していく方向とは 
    全く逆の方向でした。 
    お兄ちゃんは最初「あ あれは車のライトだよ」と言ってたんですが 
    「あ やっぱおかしいなーUFOだね。よかったね みれて」って感じで 
    拍子抜けでした。 
    僕は「え?なんで?なんで?UFOやでUFO!凄いやん!」って思ったんですが 
    お兄ちゃんは「蚊にさされるから早く部屋に入りね」と言い残して戻ってしまいました。 

    僕はもう完全に夢中になり懐中電灯ではるか彼方のその光にむけて 
    電気を付けたり消したりしてこっちへ来いー!と弟達と遊んでいました 
    その後 飽きたので部屋に帰り風呂に入り寝る事にしました。 
    その晩に不思議な体験をしました。 


    162 UFO話はここでよかったですか?02/05/06 02:38みんなでザコ寝状態で寝ていたのですが
    夜中にキーーーンと言う音で目を覚ましました 
    神経質な僕なので起きたのかもしれませんが 
    今思うと なんで僕だけ起きたのか不思議です。 
    田舎の家なので家と家との間はかなり距離があって 
    昼間も車はめったに通らない一軒屋なのですが 
    キーーーンという音は道路の方ではなくて 
    裏のカイコ畑(おじいちゃんはカイコを飼って繭を売ってました) 
    の方から音がしていました。 
    それもウオンウオンといういかにもそれらしき音もしていました。 
    しかし 昼間にさんざん泳いで遊び疲れていた自分は 
    「うるさいなあー眠いのに!早く通り過ぎろよUFO!」 
    と思い 怖いとかよりもウルサクて鬱陶しい! 
    はやくどっかに行けという思いのが強かったのを覚えています。 

    しかしその音は明らかに異常な鳴り方をしだしました 
    心のどこかでどうせ車かなんかの音だろという安心へ対する期待を吹き飛ばす 
    ようにその音は大きく 寝ている部屋の真上で鳴り出しました 

    163 あなたのうしろに名無しさんが・・・02/05/06 02:40南国の家なので二階のない平屋建てなのですが 
    その家の真上でウオンウオンと言う音があきらかに飛びまわっていました 
    裏の方にいったかと思うとまた真上にきたりしました 
    怖くなった私はそっと隣に寝ている弟を揺すり起こそうとした 
    。。。。とそこまでで記憶が途絶えています。(ありがちですが本当なのです)
    薄っすらと庭が青く光っていたのも覚えています。 

    翌朝何事もなく遊びまわりました 
    あとから思い出してもたいして怖くなく
    弟にも「夜なー UFOきたでー お前を起こしたけど起きなかったなー」って
    言った事を覚えています。 

    文才が無く長いのにグダグダで申し訳ありませんが 
    この年になりこの板を徘徊するようになり 
    誰かにこの話を聞いてもらいたくて書きました。 




    この映像には以下の説明が書かれています。


    東京新宿の上空でUFOの大軍が出ましたので、撮影しました。 2011年5月8日の15時頃(訂正:16時頃だったかも)、目撃&撮影場 所は北新宿3丁目です。20名を超える人数で目撃しました。最初 目撃時は100機くらいいるんじゃないか!?という大群でしたが、 段々移動しながら減り、撮影時には20機くらいに減りました。映 像でも数機編隊になっているのが映っています。(追記:家の前 で人が大騒ぎしているので何かと思い、ベランダに出ました。 UFOというので、上空を見るとたしかに小さく光る物体が無数に 動いているのを確認しました。よく見ると、青やオレンジに光っ ているようでした。しかもかなりの高度を飛んでいて、消えたり 現れたりしていました。近くを飛行機が2機飛ぶのが見えました が、飛行機よりも高いところにいたかもしれません。2階のベラ ンダからカメラで撮影しましたが、メモリが足りないと気付き、 もう一個のカメラで撮影しなおすことにしました。しかし、その カメラの性能はあまりよくなく、画質が荒くて見えませんでし た。周りにいた人たちも携帯で撮影しようとしましたが、うまく いかなかったようです。結局私が撮影した一番初めのカメラだけ がUFOをとらえていました。撮影時間が短すぎてとてもとても残 念です。大きな声で騒いでいる女性が話題を呼んでいますが、彼 女が叫ばなければ自分も気付かなかったので感謝してます。(追 記2:ちなみに「見えなーい」という声は撮影者本人の声です。 肉眼ではUFO見えてたんですが、レンズ越しだとよく見えなくて 発言しました。後になって「あれ?撮影成功してたんだ」と気付 いたくらいなんで。あとの声は、外にいた人たちの声です。 (0:22頃)




    参照元

    ここまでリアルなUFOを目撃したら一生忘れられないですね。

    かなりCGっぽいですが………


    ↓宇宙人・UFOもっと探す↓
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ

    撮影しながら道を歩いていると鳴り響く轟音。

    カメラを向けるとそこには・・・

    追いかけているようにも護衛しているようにも見えるが、果たして真相は・・・




    ↓もっと探してみる↓

    テレビでも紹介された未確認飛行物体の映像。






    ↓宇宙人・UFOもっと探す↓
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ

    楽天ランキング
    総合1位





    ニュージーランドで撮影されたという映像。

    流れ星の定点観測をするため撮影された綺麗な夜空に、謎の発光体が奇妙な動きをする………

    これは一体………?


    参照元 YouTube Horsefarmer1000

    ↓宇宙人・UFOもっと探す↓
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ






    紀元前 4000年のインドには、宇宙からUFOが訪れていた!?

    インド・マ ドラス大学サンスクリット語学部の元教授V・ラガバ ン(Raghavan)博士はそう語る。
    ラガバン博士は、この研究に50年の月日をかけてきた。 博士の専門であるサンスクリット語で残されている古代の文献では、UFOに関する記述が何カ所も見られるという。
    たとえば、古代叙事詩「マハーバーラタ」には、神の光、光線兵器、催眠性兵器などの記述が見られる。
    また、同じく古代の文献「ラーマーヤナ」には、vimana(古代UFO)、航空機などについて書かれている部分があるという。

    その一部を紹介する。

    「ビーマは、太陽と同じくらい輝かく光線を放つ彼の Vimanaと共に飛んで、雷のような大音響を響かせた」

    さらに、古代の航空科学書「Vymanka-Shastra」には、vimanaを組み立てるのに必要な16種類の金属が明記されている。
    だが、現在解明できているのは、そのうちの3種類の金属だけだ。
    ラガバン博士の説には、インド科学研究所の航空学教授 A.V. クリシュナ・ムルティ博士(Krishna Murty)も「ラ ガバン博士のいうとおり、古代の文献には、航空学に関する記述が見られます」と賛意を示している。

    ある男性が、人気のない道をドライブ中、謎の飛行物体を目撃した。

    それはオレンジ色の発光体で、フラフラと不自然な動きをしながら、上空へと消えていった。彼はハンドルを握りながら呆然としたが、自分が見たものはUFOではないかと思った。

    家に帰り、明日、先ほど見たことを友人達に話そうと意気込んでいた。


    するとノックの音が聞こえ、

    明け放たれたドアの向こうには、怪しい二人の男が立っていた。 二人は黒スーツ、黒いソフト帽、黒レンズのサングラスという、全く同じ格好をしていた。黒ずくめである。

    二人は、固まる彼のほうにズカズカと歩み寄り、
    「今日見たものは一切他言してはいけない。」

    と警告した。彼はさっき見たUFOのことだと理解できた。

    二人は踵を返し、家の前に止めてあった黒の大型セダンに乗り込むと、 立ち去った。車にはナンバープレートは付いていなかった。

    アメリカには、UFOや異星人を目撃した人間のところへ現れるMIB(メン・イン・ブラック)という謎の団体が存在するといわれている。




    映画でお馴染みのあの組織です。

    MIBが現れるという報告や噂はかなり以前(1950年~1960年頃)から広まっていたようです。
    日本での報告例もあるようです。

    CIAなどアメリカ政府の特殊機関や、フリーメーソンなど秘密組織の諜報員とも言われているようですが 、
    「エネルギーが切れる」と発言、機械的な直線的な歩き方しか行えない、目撃者の家で出された飲み物のストローや、デザートのスプー ンの使い方がわからない等の報告から、
    地球外生命体説も・・・

    映画のように地球を守るヒーローであってほしいですね。



    このページのトップヘ