都市伝説・不可思議情報ファイル

    カテゴリ:都市伝説

    27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま す:2011/08/31(水) 21:04:20.89 ID:nhwM0+/h0

    3人の女性が事故で昇天した。天国に行 くと、3人は門番のセントピーターから 「天国には一つだけ掟があります。アヒ ルを踏んではいけない、ということで す」 と注意をうけて中に入った。

    案の定、いたる所にアヒルがいた。とて もアヒルを踏まずには歩けないほどだっ た。 細心の注意を払いながらも、3人の一人 がついうっかり一羽のアヒルを踏んでし まった。 するとセントピーターが、彼女が今まで に見たこともない醜い男を連れてやって きた。 彼はその男と女性を鎖に繋いでから理由 を説明した。 「アヒルを踏んだ罰として、この男と永 遠に鎖に繋がれることになります」

    翌日、2番目の女性も、アヒルを踏んで しまった。 するとセントピーターが、極め付きの醜 男を連れてキッチリやってきた。 最初の女性と同じようにセントピーター は女性と男を鎖に繋いで、同じ説明をし た。

    3番目の女性はこの顛末をつぶさに見て いたので、 醜い男なんぞと一緒に鎖に括りつけられ て永遠に過ごす羽目にならぬよう、足の 運びには精一杯気をつけた。

    彼女が何とかアヒルを踏まずに数ヶ月が 過ぎたころのある日、 セントピーターが今までに出会ったこと もないハンサムな男を引き連れてやって きた。 男は背が高く、長い睫毛をした、筋骨逞 しく、細身だった。 セントピーターは何も言わずに二人を鎖 に括りつけた。

    女性は怪訝な面持ちでつぶやいた。 「私が貴方と一緒に鎖に括られるよう な、何か褒められるようなことをしたの かしら」

    それに男が答えた。 「僕は君のことは何も知らないんだけ ど、ただアヒルを踏んじゃいました」

    ずっと迷ってたが、話す決心がついた
    去年の夏。友達A、B、Cと俺とで近くの山にサバゲーをしに行った。ちなみに田舎だ。俺とAは原付で、後の2人は自転車だったので俺とAが先に着いて2人を待っていた。十数分して2人が着いて、俺達は徒歩で山の奥に入って行った。 前々から目をつけていた場所で、その時初めて行ったんだが実際サバゲーにはもってこいの場所だった。2対2のチーム戦(俺、B対A、C)で 最初は麓からすぐ近くで遊んでいたが、テンションがあがるにつれ奥へ奥へと入って行った。1時間過ぎた頃には麓から相当離れた所に来ていたと思う。 俺とBが茂みに隠れ息を潜めていると、 「おーい!○○(俺)ー!」と俺達を呼ぶAの声が聞こえた。

    870 名前: 本当にあった怖い名無 し 2006/02/22(水) 10:07:52 ID:HDPU4PIYO

    俺とBが茂みから出ていくとAが1人で俺達のほうへ走ってきた。「どうした?」とBが聞くと、「Cがいない!」と顔を真っ青にしながら言っ た。とりあえずAを落ち着かせ、事情を聞いた。 するとAとCは俺達を挟み撃ちにするべ く二手に別れて行動を取ったらしい。Aが俺達のほうへ来てもCがいっこうに来ないので心配になって俺達を呼んだというわけ。 もしかしたらケガでもしたのかもということになり、俺達3人はCを探すことにした。 まずAとCが二手に別れた場所に行き、 そこからCが向かった方向へ進んだ。 しばらく歩いていたらCはいた。地面に座り込んである一点を見つめてる。俺が「おい!C大丈夫か?」と言っても返事はなく、ただただ一点を見つめるだけ。その見つめる先というのはただの林で何もない。 とにかくケガをしてないことを確認し、 Cを立たせようとして俺とBがCの腋に手をかけた瞬間、「あぎゃぎゃぎゃ ぎゃ!!」とCが叫びとも笑い声ともとれる声をあげた。

    871 名前: 本当にあった怖い名無 し 2006/02/22(水) 10:34:04 ID:HDPU4PIYO

    俺達はその声にビビって一瞬退いたよ。そしたら途端にCは奇声を発しながら体をくねらすようにして踊り?はじめた。 ビビり屋の俺はもうそれが怖くて(とにかく表情がやばい、目が死んでる)泣きそうになった。 Aが必死でなだめるがCはただ踊りながら奇声を発するだけ。もともと力の強いCを無理やり引っ張ることもできず、俺達はおろおろしていた。 俺はさっきからCが凝視してる先が気になって、よく目を凝らして見てみた。 そしたら林の向こう、木と木の間になんていうか白い人間のような物体が見え た。「ねえ!なんかいる!」と言ってAとB にも見るよう促した。もっとよく見てみると、動いてるようだ。くねくねくねくね、まるで暴れるミ ミズみたいに。 もう俺は半泣きだった。さっき言った通り俺はビビりだ。 「おい、なんだあれ…」とBが言うと、Aが「見てくる!」と言い走って行ってしまった。 俺は一生懸命行くなと呼びかけたが遅かった。

    Aは白い奴がいたその場にしゃがみこみ戻ってこなかった。 白い奴はいつの間にか消えていた。 AはCと同じように狂ったようにくねくね踊ったり奇声を発したりした。

    現在AとCは精神病院にいる。Bはあの話を絶対したがらない。 結局あの白い奴がなんだったのかはわからないし、あの山にも行ってない。

    俺が体験した一番怖い出来事だ。


    ↓都市伝説もっと探す↓
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 都市伝説へ



    127 :本当にあった怖い名無し:2012/09/14(金) 22:36:27.28 ID:hvS71aSQ0

    ロールスロイス神話はマジ?


    130 :本当にあった怖い名無し:2012/09/16(日) 04:01:38.22 ID:S+0wrA1ZO

    ロールスロイスが故障する

    ロールスロイス社に連絡

    新しいロールスロイスが到着

    しかし代金の請求等がないから不審に思い、自らロールスロイス社に再連絡

    ロールスロイス社「そのような事実はありません」

    連絡者「絶対に故障したし、新しいロールスロイスを届けてもらった!」

    ロールスロイス社「ロールスロイスは故障しません(ニヤリ」

    ってやつ?

    131 :本当にあった怖い名無し:2012/09/16(日) 17:59:41.92 ID:+2k4+faI0

    なにそれかっこいい

    このページのトップヘ