643 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/11/24 20:51 
いい話しかどうか分からないけど一つ。 
俺の実家の目の前には、お地蔵さんがある。 
その地蔵の名前は、首無し地蔵。 
ガキの頃、近くに住んでて、めちゃくちゃ怖がってた。 
ある日、俺が実家に遊びに行くと、俺のじいさまが、こんな話しを聞かせてくれた。 

じいさまが子供だった頃、お祭りに出かけたそうだ。 
そのお祭りがあったのは、とても長い階段がある神社。 
実家から、歩いて10分ぐらいの所にあって、実際に連れて行ってもらったけど、ものすごい長い階段だった。 
ある日の夜、子供だったじいさまは、親に連れられてお祭りに行った。 
その帰り道、誤って階段から落下して、頭をひどく打ち付けてしまったらしい。 
病院に担ぎ込まれたけど、ものすごい出血で、もう助からないと言われたそうだ。 
その時、じいさまは変な夢を見たと言ってる。 

目の前に、一体地蔵が立っている。 
じいさまが怖がっていると、その地蔵さんは何を思ったか、じいさまに首をポコッと取って渡してくれたそうだ。 
そこで目が覚めると、すでに朝だった。 
助からないとまで言われた頭の怪我は奇跡的に完治し、1週間前後で退院できた。 
で、戻ってくると、近所にあったお地蔵さんの頭がない。 
いくら探しても、見つからなかったそうだ。 
それが、首無し地蔵。 

全然いい話しじゃないかもしれないけど、その時、じいさまが死んでたら、今の俺はいなかったって思うと、俺も感謝しなくちゃいけないのかもしれないな。